FC2ブログ

金属加工 ワンオフマフラー 京都のKURODA Factory ブログ

京都で マフラー製作 パーツ金物製作 溶接修理 チタン、ステンレス、アルミの加工をしています。日々の作業を紹介しています。お気軽にコメントして下さい。

CB1300SF(SC40)

P1020239.jpg

CB1300SF エキパイからのかこうです。

P1020241.jpg

このエキパイを取り付けるのですが実はX4用なのです。
エンジン自体は同じなのですが若干はらした部分が干渉して微妙につきません。

P1020243.jpg

はらしたの干渉する部分をカット。


P1020244.jpg

いったん車体に取り付け。

P1020245.jpg

新たにパイピングを取り付け。

P1020247.jpg

チタンなのでパイプの中にもアルゴンガスをいれます。

P1020249.jpg

アフターガス出しながら本付け溶接。

P1020250.jpg

同調パイプ製作
CAD展開図面。

P1020251.jpg

パイプに転写

P1020253.jpg

カットしました。

P1020254.jpg

左右連結、もちろんガス注入。

P1020260.jpg

テールパイプ製作、仮合わせ。

P1020262.jpg

取り外し本付け溶接。

P1020263.jpg

バフがけにてピカピカに。

P1020264.jpg

車体に合わせてスプリングフックなどの取り付け。

P1020267.jpg

はらしたのステーもつけました。

P1020268.jpg

加工前と加工後の違いがわかるでしょうか。

P1020270.jpg

遮熱板もチタンで作ってみました。

P1020273.jpg

こんな感じです。

P1020275.jpg

テールパイプに自社ネームプレートもつけていただきました。
有り難うございました。

  1. 2013/03/13(水) 18:12:53|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NSXマフラーの取り付け画像と感想を頂きました。

nsx2.jpg


 少し乗ってみた感想ですが、思っていたいたよりも音量は大きくありませんでした。爆音では決してなく、快音です。
 室内への篭り音が少なく、普通に運転しているときは静かに思います。
 他の高額なマフラー、取り回しをごちゃごちゃにして無理やり高音にしているマフラーなどに比べ、値段もお手頃(nsx用に限って)、シンプルでしかもステンレス製では軽量だと思います。
 パワー、レスポンスとも向上しているように感じました。(以前からストレートパイプ使用)
 
 私的にネガの部分といえば、少しバンパーからマフラー出口がはみ出るようになっていますが、バンパー内で収めたいという事だけ(好みの問題)です。

 良いものをありがとうございました。


今後の商品開発に役立てたいと思います。有り難うございました。
  1. 2013/03/10(日) 14:26:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NSXマフラー製作 クロダファクトリー製KF03

久しぶりに、自社マフラーの注文があったので製作しました。

P1020212.jpg
サイレンサーの横蓋

P1020213.jpg

プレス型で形成
P1020214.jpg

パンチングの板を長さに切り

P1020216.jpg

丸める

P1020217.jpg

入り口は50.8Φ出口は60.5Φなのでこの形、もう一つはサイレンサーだけの注文もあったので一緒に製作

P1020219.jpg

パンチングパイプにステンレスウールを薄く巻き付け

P1020220.jpg

さらにグラスウールを巻き付ける

P1020221.jpg

サイレンサーボディの板

P1020222.jpg

3本ロールで丸める

P1020223.jpg

内部に先ほどのウールを巻き付けた物を仕込み蓋を溶接してサイレンサー完成。

P1020224.jpg

テールパイプ製作
曲げパイプをカットしました。

P1020225.jpg

溶接して完成。

P1020228.jpg

サイレンサーボディーと合体させてほぼできあがり。

P1020230.jpg

ジグにのせて、フランジからサイレンサーまでの部分を合体させてできあがり。

P1020232.jpg

出口の前方にマークを貼り付け完成。

P1020231.jpg

NSXセンターだし70ΦW使用
当時私もつけていました、回せば気持ちのよい音でした。
インナーサイレンサーがないと車検は通らないかも。
サーキットではちょうどいいかも。

  1. 2013/02/28(木) 19:02:29|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポルシェ ボクスターマフラー交換

元々社外品のステンレスマフラーがついていたのですが、ガサガサビリビリと異音がするので別のマフラーを購入されました。
ですが ボルトONで取り付けできなかったので私の工場に入ってきました。

P1020180.jpg

取り外してみると まだまだ使用できそうな感じなのですが、ゆすってみると なんとガサガサ中で動いているのが手に伝わってきます、内部は完全に終わっていました。

P1020181.jpg

これが今回取り付けるマフラー
車に軽く合わせてみると センターが全然出ていないのと、向きが合っていなかったので取り付けステーの角度を火であぶりながら調整。

P1020182.jpg

バンドで止めて取り付けるタイプですが、私としては気に食わなかったので排除。

P1020185.jpg

元マフラーと同じようにフランジで固定のため、フランジを製作。

P1020188.jpg

車体に仮止め、寸法を測りました。

P1020186.jpg

CADで図面を製作。

P1020187.jpg

パイプを切り合わせて溶接。

P1020189.jpg

車体に合わせて仮溶接。

P1020190.jpg

取り外して本図家溶接。

P1020192.jpg

車体に取り付けて完成。

P1020193.jpg

ほぼセンターできたと思います。
  1. 2013/02/01(金) 17:40:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

メルセデス ベンツ W463カスタム G320マフラー取り付け

今年入ってから久々の投稿です、さぼっていたわけではなく、年末ぎりぎりに引っ越しも完了、
内装をぼちぼちさわりながらの仕事で忙しいわけで、周りにはまだ片づけられていない物がしばしば

メルセデスベンツW563カスタム G320マフラー交換

P1020195.jpg
P1020196.jpg

この車は元々 左リヤタイヤの前部分にマフラーの出口が
交換するマフラーはサイドだしになります。

P1020197.jpg

ノーマルマフラーはリヤデフ前方上部で集合太鼓がある複雑な取り回しで取り外すのが大変。

P1020198.jpg

オーナーから預かったステンレスマフラーを取り付けるのですが、ジョイント部分がこのあたりにくるので
パイプのカットが必要。

P1020199.jpg

パイプを長さ240ミリカットしました。
右と左の長さがほぼ同じだったので 同じ長さに。

P1020200.jpg

後ろの吊りゴムフックのステーが無いとのことで製作しました
右と左では10ミリ違った。

P1020202.jpg

フックステーはこのようにつきます。

P1020205.jpg

このような感じかな。

P1020207.jpg

取り付けると右はこのように。

P1020209.jpg

左はこんな感じ。
出口も後方に向いてるので車検も通るはず、音量もいいくらいでした。

外車というのは ぽん付けでマフラーが着くのはあまりないような気もするが気のせいかな、
ノーマルをカットというのが当たり前なのかな。

  1. 2013/01/25(金) 20:21:43|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロントパイプ

P1020156.jpg

このフロントパイプに長さ230ミリのサイレンサーをつける作業です。

P1020157.jpg

フロントパイプのこの辺にサイレンサーつけてみましょう。

P1020158.jpg

差し込み部分を残してカット。

P1020159.jpg

フランジ側を角度に注意しながら溶接。

P1020160.jpg

入り口側は向きがあるので、はじめに計っておいた仮治具に合わせて接合。
ゆがみが出たときは、縮めたい部分をもう一度トーチで炙る。

P1020162.jpg

外して完成。

P1020161.jpg

こんな形です。

少しは消音出来たかな。
  1. 2012/12/05(水) 21:19:55|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

suzuki モレ 補強バー

P1020145.jpg

ガソリンタンクの下の部分に25Φのパイプを溶接固定し、
補強バーの取り付けブラケットを溶接。

P1020146.jpg

フレームの前部分にもH型のブラケットを溶接。

P1020147.jpg

補強バーは25Φのパイプの両端に22Φの棒に穴のあけた物を溶接する。
ステンレなので研磨を施し高級感を出してみた。

P1020148.jpg

これで完成。

P1020151.jpg

V100のエンジンに、ZZのフロントフォークにセンター補強バー、
モレをこんなに強化してどこを走るんだ?

自己満足か・・・・

以上。
  1. 2012/11/28(水) 20:33:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スズキ モレ再び

数ヶ月前にV100のエンジンを載せ替えたモレです。
やはりパワーがありすぎてブレーキが効かないのと、足回りがコーナースピードに着いてこなかったらしいです。
てことで、フロント周りを総換えしました。

P1020133.jpg

同じスズキということもあり、ZZの足回りに交換します、左がZZ右がノーマル。
といっても、一筋縄ではいきませんが。

P1020134.jpg

ZZとモレではステムの長さがちがった、ボディカバーのこともあり、下側をのばすことに。
2センチ延長しました。

P1020135.jpg

ZZのハンドル取り付け部分はいらないのでカット
P1020136.jpg

切ったステムの最上部に、削りだした、ねじ付きボスをかち込んで周りを溶接。

P1020140.jpg

前写真のままでは、ハンドルを取り付けても回らないので、ノーマルのショックを切り外し、
補強プレートを溶接し、ショックを止めているボルトに固定できるように加工。

P1020144.jpg

ハンドル自体も加工が必要でした。
ZZは細いんですね。

後は、組み込んで足回り完了。

でしたがこの後つづきが・・・・後ほど。
  1. 2012/11/25(日) 12:50:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び工場移転(汗

P1030999.jpg

自社工場が10月末で建つ予定でしたが、かなりの遅れが生じており、現在の仮工場においても

取り壊し時期が来ましたので、11月12日より別の工場に移転することとなりました。

10月末に引き渡していただけるということでしたが、いまだ写真のような状況です(汗



お客様にはご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。



新住所 601-8372京都市南区吉祥院嶋高町16番地 102号

電話FAXはつながりませんので、お問い合わせはメールにてお願いします。



メール kuroda-factory@deluxe.ocn.ne.jp
  1. 2012/11/11(日) 22:55:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ステンレス ブラケット90ヶ

P1020127.jpg

この材料でブラケット製作、しかも1日で。

P1020128.jpg

何とか溶接完了、もう18時回ってるよ。

P1020130.jpg

溶接やけを酸洗いで、20時だよ。

P1020131.jpg

90ヶ出来ました。なんだか速い一日でした。

  1. 2012/11/01(木) 21:28:55|
  2. 建築金物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

クロダファクトリー

Author:クロダファクトリー
FC2ブログへようこそ!
京都で金属加工をしています。チタン、ステンレス、アルミの溶接加工、溶接修理、自動車カスタム部品、ワンオフマフラー、建築金物製作、いろいろな金属加工をしています。当製作所では、製造から販売まで行っています。お客様と直接コミュニケーションを取ることによりお客様の意向をダイレクトに形にできます。手書き図面にも対応します。

下記リンクにある当社
KURODA Factoryのホームページ
も是非のぞいて下さい。
KURODA Factory
住所621-0022
京都府亀岡市曽我部町南条岩ヶ谷18-9
TEL (0771)55-9486
FAX (0771)55-9487
e-mail kuroda-factory
@deluxe.ocn.ne.jp
ホームページhttp://www11.ocn.ne.jp/~kurodafa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
マフラー (28)
アドレスV125G (5)
NSXパーツ金物 (5)
車のパーツ金物 (3)
建築金物 (23)
穀洗機 (4)
バイク金物 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR