金属加工 ワンオフマフラー 京都のKURODA Factory ブログ

京都で マフラー製作 パーツ金物製作 溶接修理 チタン、ステンレス、アルミの加工をしています。日々の作業を紹介しています。お気軽にコメントして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メルセデス ベンツ W463カスタム G320マフラー取り付け

今年入ってから久々の投稿です、さぼっていたわけではなく、年末ぎりぎりに引っ越しも完了、
内装をぼちぼちさわりながらの仕事で忙しいわけで、周りにはまだ片づけられていない物がしばしば

メルセデスベンツW563カスタム G320マフラー交換

P1020195.jpg
P1020196.jpg

この車は元々 左リヤタイヤの前部分にマフラーの出口が
交換するマフラーはサイドだしになります。

P1020197.jpg

ノーマルマフラーはリヤデフ前方上部で集合太鼓がある複雑な取り回しで取り外すのが大変。

P1020198.jpg

オーナーから預かったステンレスマフラーを取り付けるのですが、ジョイント部分がこのあたりにくるので
パイプのカットが必要。

P1020199.jpg

パイプを長さ240ミリカットしました。
右と左の長さがほぼ同じだったので 同じ長さに。

P1020200.jpg

後ろの吊りゴムフックのステーが無いとのことで製作しました
右と左では10ミリ違った。

P1020202.jpg

フックステーはこのようにつきます。

P1020205.jpg

このような感じかな。

P1020207.jpg

取り付けると右はこのように。

P1020209.jpg

左はこんな感じ。
出口も後方に向いてるので車検も通るはず、音量もいいくらいでした。

外車というのは ぽん付けでマフラーが着くのはあまりないような気もするが気のせいかな、
ノーマルをカットというのが当たり前なのかな。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/25(金) 20:21:43|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポルシェ ボクスターマフラー交換 | ホーム | フロントパイプ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuroda4769.blog.fc2.com/tb.php/81-f7e2a0f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

クロダファクトリー

Author:クロダファクトリー
FC2ブログへようこそ!
京都で金属加工をしています。チタン、ステンレス、アルミの溶接加工、溶接修理、自動車カスタム部品、ワンオフマフラー、建築金物製作、いろいろな金属加工をしています。当製作所では、製造から販売まで行っています。お客様と直接コミュニケーションを取ることによりお客様の意向をダイレクトに形にできます。手書き図面にも対応します。

下記リンクにある当社
KURODA Factoryのホームページ
も是非のぞいて下さい。
KURODA Factory
住所621-0022
京都府亀岡市曽我部町南条岩ヶ谷18-9
TEL (0771)55-9486
FAX (0771)55-9487
e-mail kuroda-factory
@deluxe.ocn.ne.jp
ホームページhttp://www11.ocn.ne.jp/~kurodafa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
マフラー (28)
アドレスV125G (5)
NSXパーツ金物 (5)
車のパーツ金物 (3)
建築金物 (23)
穀洗機 (4)
バイク金物 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。