FC2ブログ

金属加工 ワンオフマフラー 京都のKURODA Factory ブログ

京都で マフラー製作 パーツ金物製作 溶接修理 チタン、ステンレス、アルミの加工をしています。日々の作業を紹介しています。お気軽にコメントして下さい。

NSX ソリッドバー

P1020100.jpg

これだけの材料で製作します。
アルミのパイプ40Φ長さ1100ミリ、アルミの丸棒長さ45ミリ2個、鉄板の板二種類2枚ずつ。

P1020101.jpg

アルミの丸棒長さ45ミリ2個を切ります、

P1020102.jpg

削りだしたのがこれ片方には真ん中に、エアー抜き穴を開けておきます。

P1020103.jpg

パイプの両端に先ほどの削りだした物を平行に溶接、そして全体をバフがけして本体できあがり。

P1020104.jpg

鉄板は切ったり曲げたり溶接して、最後に塗装して取り付けブラケットは完成。

この部品はかれこれ13年以上前から製作していますが、何本くらい作ったのかな~。
数え切れないくらい作ってます。
スポンサーサイト



  1. 2012/10/23(火) 21:26:04|
  2. NSXパーツ金物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マフラー修理

P1020121.jpg

平成元年頃のブルーバードの純正マフラー

P1020122.jpg

フランジ部分は腐食してほとんどありません。

P1020123.jpg

サイレンサー部分は遮熱板が腐食しており、脱落寸前です。

P1020125.jpg

腐食した遮熱板を全てはぎ取り、ステンレスの板を巻き溶接して、補修しました。

P1020126.jpg

パイプの部分が無事だったので、腐食したフランジを切除して、新しくステンレスのフランジを溶接して完了です。

マフラー自体は古い割に、パイプやサイレンサー本体の腐食がすくなっかったので、修理することが出来たのでまだまだ、使用できそうです。

  1. 2012/10/18(木) 20:24:26|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

災害ボランティアの学生さんたちを招待して

P1020111.jpg

 2012年7月15日京都府亀岡市曽我部町南条大谷にて土砂災害にあい、多数の家等が半壊しましたが、ほぼ復旧もなされて、元通りの生活が出来るようになりました。
 そのとき、お手伝いに来て頂いたボランティア活動の大学生さんたちを、お礼の意味を込めてバーベキューにお誘いしました。
 快く8人の学生さんたちが来てくれました。

P1020110.jpg

バーベキューをしているところは全て土砂で埋もれていた場所です。
池の崩れたところも、石畳で積まれて積止めされています。

P1020113.jpg

よく飲んで、食べて下さいましたでしょーか?

P1020118.jpg

最後に学生さんたちが、ソーラン節を披露して下さいました。
本当に、ボランティア活動の皆さん有り難うございます。
社会に出ても頑張って下さいね。

P1020119.jpg

未だにご近所の皆さんは、夜中に雨音がすると目が覚めて寝られないそうです。
あのときの音は一生忘れないでしょーね
  1. 2012/10/15(月) 20:17:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

P1020095.jpg

この溶融亜鉛メッキアングルを使い、農作物研究用架台を製作。
亜鉛メッキは、溶接すると燃えたり、爆発したりするので溶接部分をすべて亜鉛メッキを削り落とします。

P1020096.jpg

エキスパンドメタル、これも亜鉛メッキです。
これはメッキをはがすことが出来ないので、アーク溶接にて取り付け。

P1020097.jpg

アングルを組み立てるとこんな感じ。

P1020098.jpg

エキスパンドメタルを上にのせてできあがり
最後に亜鉛メッキ専用のスプレーで補修をすれば完成。

P1020099.jpg

このROVALのスプレーがそうです、普通のさび止めスプレーは上塗りをするのでいいのですが、
亜鉛メッキの場合、あまり上塗りをすることがないので、亜鉛融合料の入ったこのスプレーを使用します。
普通のスプレーの倍の価格なのが痛い。

  1. 2012/10/14(日) 08:41:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬矢来

P1020089.jpg
犬矢来の製作。
まずは側面からで、メンテナンス用に両側面に開口部をもうけました。

P1020090.jpg
蓋の部分も作り袋ナットで固定。

P1020091.jpg
これを両側面製作。

P1020092.jpg
アングルで三カ所横渡を入れ合体。

P1020093.jpg
ロールでフラットバーを曲げた物を、等間隔につけていき完成。

P1020094.jpg
後は焼き付け塗装すれば完成です。

犬矢来とは京町屋用語で、建物の足元特に、通り沿いによく 施工さえる建物や塀の足元を、雨などの跳ね返りなどや犬や小動物の便などから汚れ ないように防ぐためのものです。
実際は竹のものが多いです。

最近では見かけないのですが、京都の四条界隈や祇園の方へ行けば見られるはず.


続きを読む
  1. 2012/10/10(水) 19:06:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

穀洗機2

P1020080.jpg
円錐状の底にヘルールを溶接。

P1020081.jpg
円すい上部を製作、ロール曲げで曲げました。

P1020082.jpg
円すいと、筒を合体。
これを二個製作。

P1020083.jpg
繋ぎの板と昨日製作しておいた部品を合体して一体化。

P1020084.jpg
横に向けて脚をつけていきます。

P1020085.jpg
だいぶ形になりました。
後は配管用のステーを溶接して、形状完成。

P1020087.jpg
上部を手を切れないように仕上げていきピカピカに。

P1020088.jpg
酸洗いにて、溶接やけを取り、内部などを綺麗にして完成。
  1. 2012/10/06(土) 07:28:49|
  2. 穀洗機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二連式穀洗機製作

P1020075.jpg
材料はこれでそろったので曲げて組み付け開始。 

P1020076.jpg
円すいに曲げられるロールがあればいいのですが、無いのでパイプと腕力で曲げていきます。

P1020077.jpg
二連式なので二個曲げました。

P1020078.jpg
溶接内側は間着棒を入れないで、ふくらむように流し溶接、盛ると仕上げが大変だから。

P1020079.jpg
表は盛りながら溶接、内側を仕上げるときにたたいたりするので盛ります。
続きは後日。

  1. 2012/10/02(火) 20:57:00|
  2. 穀洗機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランブレッタ

P1020073.jpg

マフラーの耐熱塗装が出来てきましたので取り付け

P1020074.jpg

周りのカバーをはめ込んでできあがりました。
写真には載っていませんが、背もたれもしっかり取り付け、
お客さんの要望通り出来たと思います。
  1. 2012/10/02(火) 20:39:00|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

クロダファクトリー

Author:クロダファクトリー
FC2ブログへようこそ!
京都で金属加工をしています。チタン、ステンレス、アルミの溶接加工、溶接修理、自動車カスタム部品、ワンオフマフラー、建築金物製作、いろいろな金属加工をしています。当製作所では、製造から販売まで行っています。お客様と直接コミュニケーションを取ることによりお客様の意向をダイレクトに形にできます。手書き図面にも対応します。

下記リンクにある当社
KURODA Factoryのホームページ
も是非のぞいて下さい。
KURODA Factory
住所621-0022
京都府亀岡市曽我部町南条岩ヶ谷18-9
TEL (0771)55-9486
FAX (0771)55-9487
e-mail kuroda-factory
@deluxe.ocn.ne.jp
ホームページhttp://www11.ocn.ne.jp/~kurodafa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
マフラー (28)
アドレスV125G (5)
NSXパーツ金物 (5)
車のパーツ金物 (3)
建築金物 (23)
穀洗機 (4)
バイク金物 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR