金属加工 ワンオフマフラー 京都のKURODA Factory ブログ

京都で マフラー製作 パーツ金物製作 溶接修理 チタン、ステンレス、アルミの加工をしています。日々の作業を紹介しています。お気軽にコメントして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バイクマフラー取り付け

久しぶりの投稿
いつもながら忙しく、たまに撮っていた画像とともに仕事風景を。

IMG_0952.jpg
あまりバイクの種類を知らない私ですが、珍しいバイクが入ってきました。

IMG_0954.jpg
サイレンサーの取り付け、エキパイの取り付け部分は再利用、
はらした部分からの加工。

IMG_0955.jpg
どんがらなのでやりやすいですね。

IMG_0956.jpg
出来たのがこれ。
サイレンサーはチタンです、外品ですが。

IMG_0957.jpg
軽くつけるとこんな感じ。

IMG_0959.jpg
取り付けステー、綺麗でしょ。

IMG_0960.jpg
サイレンサーにもステーを溶接、
サイレンサーはチタンですよ。

IMG_0961.jpg
こんな感じで、できあがり。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/06(火) 14:56:49|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマハSR500 マフラー制作


ヤマハSR500
マフラー制作です。

IMG_0825.jpg

制作前のマフラーはレースマフラーらしく内径がかなり大きい

IMG_0774.jpg

ということで、ある程度制作した画像ですが、コーンのような形をした物を組み合わせていきます。

IMG_0777.jpg

出口はこんな形。

IMG_0783.jpg

そしてサンダーやバフ仕上げを施し、
パンチングにグラスウールを巻き付け
組み込み、サイレンサー完成。

IMG_0830.jpg

フランジ部分制作。

IMG_0832.jpg

燃調がレースマフラーで取られていたので
抵抗を減らすため、
エキパイ部分に45φのパイプを使ってみました。

IMG_0836.jpg

フレームに沿うように。

IMG_0837.jpg

いったんこんな感じに、してみたのですが、
ステップとの隙間部分がいまいちだったので変更することに。

IMG_0842.jpg

ジョイント部分は定番のスプリングフック止め。

IMG_0841.jpg

テールのステーの部分も丸棒ステンレスで製作。

IMG_0839.jpg

完成しました。
途中の中途完成の画像と完成画像のエキパイのレイアウトの違いわかるでしょうか?
出口の上がり具合はいいのですが、
私的にはこちらの方がすっきりしているので、オーナーにこちらにしてもらいました。
  1. 2014/01/06(月) 18:39:12|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクサイレンサー加工

DCIM0066.jpg
マフラーサイレンサーの加工です。
サーキットに走りたいとの事で、抜けをよくするために、
内部を加工します。

DCIM0067.jpg
開けてみると、差し込み部分は50φほどあるのに内部は、
38φ程しかありませんでした。

DCIM0068.jpg
細い部分を切り取り。

DCIM0069.jpg
新たに50φ程度にパンチングをまいて、つくりかえ。

DCIM0070.jpg
ステンレスメッシュとグラスウールをまき、サイレンサーボディに差し込み。

DCIM0071.jpg
テールエンドで蓋をして、リベットで打ち込み出来上がり。

これで吹け上がりは、良くなっているはず。

  1. 2013/10/01(火) 15:57:00|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ホンダビート マフラー出口移動

DCIM0150.jpg
リヤーバンパーを変えたら、マフラーの出口が内側に当たりそうなので、
出口移動加工。

DCIM0152.jpg
マフラーを外してみると、結構大きいサイレンサー
右はサイレンサー出口部分をカットしてパイプを継ぎ足し。
左は前に回っているパイプ部分をカットしてパイプを継ぎ足し。
もちろんフックなども移動に伴い、車両に合わせて取り付け。

DCIM0153.jpg
バンパーが後ろに4㎝ほど張り出しているので、出口の長さも伸ばしました。

DCIM0154.jpg
完成しました。
加工前の出口の位置が全然違いよくなりましたね。
出口を伸ばすことにより、少しマフラーの出口が強調されたようで、
リヤビューが良くなったと思います。

DCIM0156.jpg
横画像。

DCIM0157.jpg
少し上からも。

お疲れ様。
  1. 2013/09/20(金) 18:40:51|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NSXマフラー KF12

久しぶりの書き込み。
6月ごろからかなり忙しくなり、なかなか書き込みができなかったので。
たまっていた分を 書いていこうと思います。

自社製品のNSX用ステンレスマフラーKF12 製作。

DCIM0058.jpg
こんな薄っぺらい板からサイレンサー

DCIM0059.jpg
側面の蓋をプレス型にて製作。

DCIM0060.jpg

板を三本ロールにて、楕円型に

写真を撮るのを忘れていたのでサイレンサーの完成画像がありませんでした。
とりあえずサイレンサー完成。

DCIM0061.jpg

テールエンドのパイプをカットして、絞りと、押し広げる加工。

DCIM0062.jpg

先ほどのパイプを組み込み、磨き上げ完成。

DCIM0065.jpg

サイレンサー出口からの曲げパイプとくっつけてテールエンド完成。

DCIM0073.jpg
こちらは、エンドがデュアル使用、。

DCIM0063.jpg
メインパイプこのようにある程度製作しておきます。
あとは、治具に乗せてくっつけていきます。

DCIM0074.jpg
完成。

静かなマフラーですよ。
  1. 2013/09/07(土) 20:04:36|
  2. NSXパーツ金物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KURODA F 12 NSXマフラー  感想取り付け画像を頂きました。

P1000404.jpg
P1000402.jpg

私は朝早くや夜遅くに大きなマフラー音で住宅街を走行する
ことに迷惑では・・・などと考えていました。

そこで見つけたこのマフラー。落札して早速ショップで交換を
行いました。
第一印象はカッコイイ・・・。 思ったよりマフラーエンドは大きく
ステンレスの輝きがまぶしいくらいです。  
この時点で非常に満足!!

さて、次は肝心の音です。
エンジン始動! おっ!静かだね~。 交換したマフラーより
数段アイドリングが静かです。 まあ、静かだから買ったんだ
けどね。(社外エキマニを使用していますがそれでも静かです)

引続き走行テスト!!
おっいいね。 5000~7000回転でいい音を出してくれますし、
排気の抜けがちょうど良く低トルクがキチンとかかっています。
トルクは前マフラーで不満があり音だけで前に進まない。
常用では1500~2500回転を多く使用していますが、新マフラー
はこの点がとても静かで性能も良く大満足。
純正回帰と謳っているだけとても良いマフラーだと思います。

一言で言うなら大人のマフラーですね。
コストパフォーマンスもよく私には最高のマフラーとなりました。

有り難うございました。
  1. 2013/06/11(火) 22:26:40|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベンツE500マフラー加工

今回は、ベンツE500 AMGのマフラー加工。
車外品のセンターパイプを交換したそうなのですが、
左側のパイプが長いとのことで加工依頼を受けました。

DCIM0042.jpg

この写真でも何となくわかるのですが、
左側のテールエンドが飛び出して全体に左に寄っていますね。

DCIM0045.jpg
DCIM0046.jpg

吊りゴムもおされてます。

DCIM0047.jpg

右側は切断差し込みのため、何とでもなるのですが、
左側は、球体のジョイントのため、なるようにしかなりません、
純正のセンターマフラーと併せて見ると、
球体のジョイントの向きと長さが全然あってない。

DCIM0049.jpg

パイプの曲がってる部分から違うのだけど、エンド部分の位置はにていたので
長さを変えて、ジョイントの向きが合うように角度をつけてカット。

DCIM0050.jpg

ジョイントをつけてみると、変わったのがわかる。
これで、センターパイプは完成。

だけどこれで終わりではないのですね~
センターマフラーを取り除いたにもかかわらず、音が全然かわらない。
何のためにこんなパイプが売っているのでしょうね。

ということで次の作業開始。

DCIM0051.jpg
DCIM0052.jpg

あまりやりたくなかったのですが、ノーマルマフラー分解
なんだか、腹を開いて腸のバイパス手術をするかのよう。

DCIM0053.jpg

少しでも音量を上げるために、排気ガスが入ってくるパイプに穴を開け。

DCIM0054.jpg

リターンで帰ってくるところに小さい穴の開いた板で蓋をする。

これで排気音が一番近いところから外へ出て行くので、音量は上がるはず。

DCIM0055.jpg

元通りに戻して完成。

DCIM0056.jpg
DCIM0057.jpg

出口もいい感じになっていますね~。
音量も爆音では無いけど、スポーツマフラーくらいにはなりました。


  1. 2013/06/05(水) 23:02:14|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トライクマフラー ホンダ ゴールドウイング

初めて間近でトライクを拝見できました。
しかも、ゴールドウイング!
でかいです。

DCIM0005.jpg

いつもながら、マフラー製作。
静かなので、少し音量アップとテールに迫力がほしいということで、チャレンジ。

DCIM0007.jpg

ノーマルスタイルでは、テールが出過ぎているので、すこし引っ込めぐらいで。

DCIM0008.jpg

70ΦW出しが希望なので、作ってみました。

DCIM0010.jpg

こんな感じに着く予定。

DCIM0012.jpg

今回使用する材料。

DCIM0013.jpg

サイレンサーの両端。

DCIM0015.jpg

マフラーを外してエンジンをかけた感じでは爆音ではなかったので、少し小さめのサイレンサーを特注で製作。

DCIM0016.jpg

中にはパンチングにウールも入っていますよ~。

DCIM0017.jpg

サイレンサーから出口まで合体完了。

DCIM0019.jpg

取り付けステーをつけて車体に仮合わせ。

DCIM0021.jpg

後はこの区間を製作に、左右でパイピングのラインが違うので別々に製作。

DCIM0022.jpg

こんな感じかな~。

DCIM0028.jpg

左右製作完了。

DCIM0030.jpg

エンブレムもはらさせて頂きました。

DCIM0035.jpg

テールエンドの出具合もいいぐらいに。

DCIM0036.jpg

音量もそこそこ、心地よいサウンドと、バックビューの迫力も出たかな?

オーナ様にも喜んで頂けました。
  1. 2013/05/21(火) 19:30:35|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーパートラップマフラー修理

今回はスーパーとラップマフラーの修理です。

P1020280.jpg
 写真のように中身がだいぶさびていました。

P1020281.jpg
材料は依頼者が全て用意されましたので、私は溶接と組み上げ、
しかも鉄ではなく、アルミでの加工です。

P1020282.jpg
このドーナツ型の材料にナットを付けてくださいと言われたのですが、SUSや鉄と違いピンポイントで溶接が困難のために、3tの板をドーナツ型に切りそれを全体でもたすように溶接、ナットを溶接しようとすると、おそらく形が崩れてしまうのでは。

P1020283.jpg
フィンを取り付けるためのボルトタップを開けてこの部分は完成。
もちろんケースに取り付ける穴も同じ事になっています。

P1020284.jpg
アルミのパチングを巻いて、先ほどの蓋に溶接。


P1020285.jpg
ウールを巻いてケースに組み込み。

P1020286.jpg

アルミのため ねじが馬鹿にならないように、スレッドコンパウンドを塗りながら組み込み、
完成。


  1. 2013/05/08(水) 15:32:25|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トヨタ チェイサー マフラー加工

今回の加工は、チェイサーのマフラーです。
当時人気が出た車ですね。
内容は、オーナー曰く マフラーの底がへこんでいるので、こましな中古のマフラーを購入したところ、中間パイプのフランジ位置が違うため取り付け不可能なので、入ってきました。

P1020290.jpg

上が取り外すマフラー、下が今回取り付けるマフラー。
フランジ部分が違いますよね。

P1020292.jpg

加工するのに一番手っ取り早い方法でするために、中間パイプを切断することにしました。

P1020291.jpg

切断後は、いつもどうり現車あわせにて足りない部分を継ぎ合わせ、フランジを固定、
借り付けをします。

P1020293.jpg

本付け完了後、こんな感じ。

P1020295.jpg

フックの位置も全然違ったため、外して仮あわせ。

P1020294.jpg

出来るだけ擦らないようにと思い、上方へあげました。

P1020297.jpg

リヤーテールもいい感じになったと思います。

P1020296.jpg

輪留めには気をつけて乗って下さい。
  1. 2013/04/09(火) 18:44:07|
  2. マフラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

クロダファクトリー

Author:クロダファクトリー
FC2ブログへようこそ!
京都で金属加工をしています。チタン、ステンレス、アルミの溶接加工、溶接修理、自動車カスタム部品、ワンオフマフラー、建築金物製作、いろいろな金属加工をしています。当製作所では、製造から販売まで行っています。お客様と直接コミュニケーションを取ることによりお客様の意向をダイレクトに形にできます。手書き図面にも対応します。

下記リンクにある当社
KURODA Factoryのホームページ
も是非のぞいて下さい。
KURODA Factory
住所621-0022
京都府亀岡市曽我部町南条岩ヶ谷18-9
TEL (0771)55-9486
FAX (0771)55-9487
e-mail kuroda-factory
@deluxe.ocn.ne.jp
ホームページhttp://www11.ocn.ne.jp/~kurodafa/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
マフラー (28)
アドレスV125G (5)
NSXパーツ金物 (5)
車のパーツ金物 (3)
建築金物 (23)
穀洗機 (4)
バイク金物 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。